おかげさまで大好評のファーラップ。

今年は 3色 の新色を追加して2月に発売です。
3色といってもブレード色も3色あるので 合計9タイプになりますね。

『タイプがありすぎない?』と友人にいわれることもあるのですが、
地域や人によって好みの組み合わせが違うので、どうしようか僕も困ってます・・・
需要があるのに減らすのも申し訳ないですし、このあたりはとても嬉しい悩みです・

追加の3色はこんな感じです
_DSC9039S.jpg
_DSC9039K.jpg
_DSC9039BK.jpg
ピンク


_DSC9031S.jpg
_DSC9031K.jpg
_DSC9031BK.jpg
ブラウン



_DSC9035S.jpg
_DSC9035K.jpg
_ooDSC9035BK.jpg
ジュエル


どの地域でどのカラーが需要あるのか
道内外限らず、僕にもおおよそ分かるようになりました。

北海道の厳寒期ともいえる2月発売になりますが、
今年から来年の10周年に向けて後にも色々と控えてますので
順序良く発表発売していく予定です。


昨季にいけなかった大好きなワカサギ釣りに行ってきました。

2年ぶりの初戦ですから、
道具の確認で?な事が見つかったり、
ドリルの刃先がボロボロだったりと少々準備に戸惑りました。


リールはシマノのワカサギマチックですね。
穂先はすべて一昨年のまま・・・・ではなくてこれ以外にもちょっとした自作道具も持参しました。

仕掛けはラインでお世話になってるバリバスさんの疾風シリーズがメインですが
毎年各社から色々と新作が出てますので、気になった新作は購入して試してみてます。

針が・・・ケイムラが・・・飾り巻きが・・・
と色々とありますが、僕が気にしているのは
仕掛けの長さ、ハリスの長さ、針数だけですね。

個人的には一番大切なのはハリスの長さかなと。

鮎を始めて痛感しているのですが、
僕は鈍臭いものですから手さばきが悪いんですね (笑)

そういう人がハリスの長いもの・針数の多いものを使うと手さばきが抜群に遅くなります。
針が何本ついてようが、いちどに掛かるのは多くても3-4尾ですからね。
僕みたいのは5本以上はいらないかなぁと思ってます

それと、ハリス短いほどアタリが出やすいので食いが良いときは短いほうが効率的なんじゃないかと思います。
ハリス 長さ1cm というのが発売されていたので次回はそれを使ってみようかな。


『あの仕掛けがいい。これはダメだ。』などは人それぞれの感想ですし
たぶんワカサギ釣りは“手さばき”が全ての釣りだと思うので
自分が最も扱いやすい仕掛けを見つけるのが一番じゃないかなぁ・・・と。

針の掛かりなんかはどこも一緒ですよ


この日は大荒れ暴風警報の出ていた地域ですので
雪が降ってくるまでの2-3時間ときめて、
先に釣りをしていた
【つりぐセンター旭川店】の川端店長のテントに相部屋させてもらいました。

wakaIMG_7905.jpg
“釣れてますよ。びっくりするくらい小さいのも居ますけど・・・”
と言われてスタート。

たしかに落とした瞬間から穂先が動きっぱなしです。
ダブル・トリプル 頻発して100匹くらいはすぐにいきましたがたしかに魚が小さい・・・・
サケ稚魚より小さいのも無数に食いついてくるので違った意味で苦労しました。


wakaIMG_7901.jpg
いやぁ やっぱり楽しい!!

僕のワカサギ釣りはストイックな本気モードじゃなくて
休憩ばかりのマッタリ釣りなのですけど、そんな釣りでもたくさん釣れました。

3時間くらいで雪がけっこう落ちてきたので、店長を残してお先に撤収。
テントの設営から後片付けまで全てやってもらうという“大名釣り”で申し訳なかったです・・・
それの報いなのか、帰路は高速が通行止めで猛吹雪の渋滞ノロノロ運転でした。


wakaIMG_7912.jpg

シーズンが始まったばかりですので、今年はもう何度か行けそうです。
次は朱鞠内湖か阿寒湖に行きたいですね。

『福ちゃんさ、海サクラってどうなの?』

という一言がきかっけで、
先日スタッフの石川さんが初めて海サクラマスを狙うことになりました。
石川さんは渓流ばかりがメインステージなので、意外にも初めてなのです。

“小桜でしたらたくさん釣れていますよ” と聞いていたので、
これなら渓流しかやらない人でも飽きずに頑張れるだろう・・・と思ったので急遽出発です。

うみいし
天気も良く、出し風、凪、潮が良く動いていて最高の釣り日和です。


道南在住の海桜エキスパートの土屋さんとも合流し
釣りなのか駄弁りなのかとオジサン3人で浜に座り込み釣り談義。
うみつち
こういうのも楽しいんですよね。

そして、石川さんの人生初の海桜
hhh.jpg
小さいですが、魚のサイズは釣り人に選べませんからね。
こっちも嬉しくなります。

結果は僕も石川さんもこんなサイズのサクラマスばかりでした。
良型も1~2尾あがってましたのでこれから期待できそうですね!

初めての釣りを、アテンドするのは楽しいです。

いつも同じフィールド、同じ魚種、同じ釣り方というのも良いですけど
その繰り返しばかりだと答えアワセのようになっていくので、
色んな釣りをしたほうがいいと思います。

魚種やジャンルに縛られないで色んな釣りをしたほうが
自分がメインとする釣りに反映できることも多いですからね。

今年は色々とやってみてはいかがでしょうか。


ヤリイカが行方不明のまま一度も行かずにイカシーズンが終わってしまいそうなのが残念です・・・

2017年の初釣りは石川さんと渓流でした。

この時期に渓流はまず行かないのですが、今年の新製品の発売前のチェックです。



D-3の新製品は随時ちょくちょくとお知らせいたしますが、
2017最初の紹介は、今年もDUOさんとコラボ企画をやらせていただきますのでそのルアーです。

今年は、大人気のスピアヘッドリュウキでD-3カラーというのと、
ミノー専用の新コンセプトのシングルフックです。

IMG_7873.jpg
カラーは、この5色で
D3サーモン
レイドブラック
エゾチャートヤマメ
オショロコマ
ミヤベイワナ
といったカラーリングです。

そしてフックは軸部分にシンカーを搭載したバランサーフックというものです。

10年ほど前から、シングル交換時の安定性とウェイトバランスの保持のために
フックの軸部分にワリビシを装着していたのですが、
ここ数年5-6年はもう少し精度を高くしたくて石膏型でウェイトの型を取り鉛を流しこんで自作していました。

『発売を決めるまで絶対に、安易にフック屋さんや雑誌やブログに載せないほうがいよ』と
いわれてたので、なんどか信頼ある業界関係者に相談し、製造と販売を考えていたのですが
価格・版権・ロット数などで針屋さんと折り合いが付かずに困ってました。

そこでDUOさんに相談したところ、
最初からこのフックを搭載したリュウキを販売しましょう。
となり、ようやくこのフックが日の目を見ることが出来るのがうれしいです。
もちろんフックのみのでの発売もします。

・・・評判になれば、
きっとうんと安い価格で針メーカーさんが似たようなのを作って売るんだろうなぁ・・・
と思ってます。

このフックとても良いので発売後はぜひ試してくださいね。

詳しくは2月8日発売のノースアングラーズでご紹介いたします。

みなさん、ことしも釣りをおなかいっぱい楽しみましょうね!!!


本年もよろしくおねがいいたします!

D-3カスタムルアーズ
福士知之
2017.01.01 謹賀新年
ぶろぐ新年DSC02919

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
新しき年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
本年もよろしくおねがいいたします


D‐3CustomLures 福士知之