おかげさまで大好評の福蝉シャロー。

これから最盛期というのに
一部のカラーが欠品になってしまいスイマセン・・・

でも皆さんからメッセージ等をいただけてとてもうれしい次第です。

Ktomo6903.jpg

さて、せっかくですのでD3でもフォトコンテスト的なものを
インスタグラムでひっそりとやってみようと思います。


対象ルアーは 福蝉シャロー 。

対象魚は なんでもOKです。

選考基準は カッコいい写真。
※魚のサイズなんて釣る側は選べないですからね。

景品は名前入りの 福蝉 です。 
ステラとかで無くてすいません・・・笑

魚のサイズ・魚種 を問わずに素敵な写真を取ってくれた方3名様に
名前入りの大福と福蝉をセットで製作しますね。

【応募方法】
僕は、インスタグラムに Tomoyuki Fukushi というアカウントで参加してます。
なので、インスタグラムをやっている方は、写真を投稿する際に

#d3カスタムルアーズ
#福蝉シャロー

この2つのハッシュタグを必ずつけて投稿してください。
僕はこれを頼りに写真を検索して独断と偏見で選考いたします。


期間は9月1日までとします。

ただし、
●魚を水から上げた写真。※草の上にゴロン とか 砂の上にゴロンとか。
●魚が弱ってしまい瞳孔が開いてる写真。
●水から手で持ち上げた俗に言う ニコパチ写真

以上は全て無効とします。

魚を弱らせずにキレイに撮影するのも釣りの大切なテクニックだとおもいます。



本当に魚はウグイでもブラックバスでもなんでもOKですよ。


それと、
今年もブラキストンフォトコンテストの方はインスタグラムで開催しますので、こちらも追ってお知らせさせていただきます。




これは、先日の支笏湖で足元に浮かべてた福蝉 の周りを行ったり来たり旋回し、
結果的に見切って帰っていく 大きなブラウントラウトです。
brroo.jpg
60cm中ほどかと思いますけど、太さが半端じゃなかったですよ。

【わかさいも】みたいな体型していましたからね。 道産子じゃないと分からないかな…(笑)


悔しさよりも、爽快感すら感じられるフラレかたでした。


水質が良いので こんな長時間のドキドキを楽しめるのも支笏湖の楽しさですよね。



ではでは、ぜひインスタグラムのほうでご参加ください。
2017.06.22 盛夏へ。
道内もずいぶんと気温も上がるようになりました。


渓流が気持ちいい季節ですね。

好きな瀬釣りの季節です。

トロ場に潜んでいる相手よりも
早瀬の中で掛ける相手は馬力が違いますね。


単純にファイトが楽しいです。



バランサーシングル搭載のDUO×D3コラボリュウキ。
カラーはD3サーモン。僕の夏場の定番カラーです。

渓流ではバランサーシングルの安定感と復元力の高さが良く分かると思います。
シェイキングなど激しいロッドアクションを加える方は
とくに感じられると思います。
また、針自体がアンカー的な役割をしているのでフッキングも普通のシングルフックより良いと思いますよ。


そろそろ店頭には、シンカー部が無塗装のバランサーシングルだけのパッケージ商品が並んでいると思います。
フックの色については皆さん個々で好みがあると思うので、あえて普通なシルバーとしました。


北海道の短い夏ですので、思い切り楽しみましょう!



2年も前からいつ出すんですか?

と聞かれてきましたブラキストンのソルトロッド。

海サクラだけに合わせるのか
鮭よりなのか、ショアブリに合わせていくのか
色々と模索してきました。

海サクラマスや鮭釣りでは僕がずっとやってきたので
ちゃんと自分達でフィールドでテストしているのは伝わってきたと思います。

紆余曲折、色々ありましたけれど
最後の対象魚として、ショアからのブリとヒラメを翔大君にテストしてきてもらいました。
仲間には伝えたことがありますけど
ロッドテストに関してはこれ以上ない最高のテスターです。





IMG_9556.jpg


IMG_9557.jpg


相変わらず、釣る釣る
朝夕だけで10枚近くのヒラメを釣り、
ブリでのテストもその日のうちにしっかりしてくるという優等生です(笑)

キャスト性能もリフト性能もバッチリとお墨付きなので一安心。
ブランクはこれでいくことにしました。

北海道ソルトオールラウンドロッド的な位置づけでよいんじゃないかと思います。

MAXウェイトは55-60gといった感じでしょうかね。
ちゃんとロッドを扱える方であればかなりの飛距離が出ます。

これから、コスメやグリップ周りの詳細を決めていくので
まだまだ価格や発売時期は決められませんが、来年初めを目指して頑張ろうと思います。


それと、
8-9ftクラスの湖沼・本流・ライトな海サクラ程度のロッドは別途進めています。
こちらも随時報告いたします。


2017.05.31 ローガン
ローガン

好きな ヒュー・ジャックマンの映画なので見に行こうと思ってます。
というよりも、ウルヴァリンというキャラクターがすきなのかもしれないです。


でも、そのローガンの話ではないです。

昨秋くらいから、
キャスト後に飛んでいくルアーを目で追うのが間に合わないことが多々あります

明らかに動体視力の低下ですよね・・・

そう、老眼 の初期症状ではないかと少々悩んでます。

ラインシステム
読み書き
テレビ
スマホ

見難さを感じることはいっさいないですし、
むしろ遠いものの方が見難いので、老眼とは関係ないと思っていました。


なので、
幼馴染のスタッフ石川さんがここ数年
キャストやノットに苦労しているのを???という感じで眺めていました。

『 福ちゃんも近々分かるよ。派手な色のルアーしか使えなくなるから (笑) 』

とはいわれていましたが、本当に見難くなるものなんですね・・・


離せば見える というのが
老眼なのかと思ってましたが、
どうやら動体視力の低下も 老眼 とか 老い ということになるみたいで・・・


なので、この春からラインは全て蛍光色なんです(笑)


もともと、キャスト下手 とは言ってましたが、
離れた場所から狙い通りに落とす遠距離での精度にはけっこう自信がありました。
そのかわりドン臭いので近距離でのキャストなんかはものすごく苦手です。

それが、、、
飛んでいくルアーを目で追うのが間に合っていない感じがしてます。

細かく言うと、
飛んでいくルアーが
キャストした瞬間はよいんですが
途中で消えて、
かなり奥で再び現れる感じだったり、

ルアーを追うと周りの枝が見えてなかったり、

で、
奥に引っ掛けるか、
ビビってしまい手前に落とすかというので
けっこう苦労してます。



慣れるしかないんでしょうね。
もしこの先、
遠近両用メガネ 系
の老眼が現れてきたらたいへんなのではないかと思っています。


でもまぁ、老眼 など
加齢を感じる年になっても、
健康に流れを切り歩ける身体でいられるのでよかったです。


頑丈に生んでくれた母親と
子供の頃から山歩きに連れ出してくれた父親に感謝してます。

長野の友人 セッキー から釣果報告が届きました。

IMG_9580.jpg

福蝉シャローで40UPを連発しています・・・
久しくバスを触ってないので、正直羨ましいです・・・

IMG_9581.jpg

彼は釣りセンスがとてもよいので、
クランクらしいただ巻きだけではなく、
なにやら自分で連発に持ち込むアクションを見つけたようです。

IMG_9583.jpg


今の季節ならギリギリ本州の暑さに耐えられるかな・・・


IMG_9554.jpg


楽しそうです・・・

というか、ブラックバス本当に楽しいですよ。

鱒で海外遠征するのもいいですけど、
北海道のアングラーの方はチョッと本州まで飛んで
バスフィッシングもやってみて欲しいです。

ルアーフィッシングの楽しさを再認識すると思います。




IMG_9553.jpg


回復途中という感じでしょうかね。


IMG_9582.jpg


狙い通り、マスだけじゃなく、バスでもいい感じです。


秋まで難しいかなぁ・・・