2017.08.12 業務連絡
8月14日 ~ 8月20日 まで、休業させていただきます。

メール 及び お問い合わせ についてのご返信は21日より、随時ご返信いたします。

※ 各方面 業務関係者の方は、お急ぎの場合携帯までご連絡ください。

ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

D3CUSTOMLURES
福士知之



治療をがんばっている方へのプレゼントとして考えているバンダナの柄は、

福島県から毎年、夏休みに日高町へ保養に来ている子供達にお願いし、
貴重な時間をわけてもらい 【魚】 というだけのテーマで絵を描いて貰いました。

2歳〜小学生の子供達の力作なんですが、
これらを上手く纏めてデザインしたいと考えてます。



絵を描いてくれた子供達は

【福島キッズアドベンチャー in 日高】

毎年夏に日高の自然の中で約11日間を楽しみながら保養しよう。

という企画で、親子で来道されています。


僕も毎年、この企画に少しながら協力させて頂いてますけど、
日高の釣り仲間にお願いして、今回はその子供達に協力を依頼させてもらいました。


病の完治へ向けて頑張る人、本当の復興へ向けて頑張る人。

方向は違うかも知れませんが、
心からの笑顔 と 元気に向けて頑張る人と人が、どこかで通じ合うことがあればいいな。
そう思い純粋な子供たちに依頼しました。

IMG_0260.jpg


皆、なかなかの力作です。


福島県からお出での皆さん。そして日高町の皆さん
御協力、本当にありがとうございました。


D‐3カスタムルアーズ
福士知之


2017.08.03 御礼
7月30日のマイロッホさんのイベントでは
たくさんの皆様にご協力いただきありがとうございました。

この日のルアーやオークションでの売り上げの全ては、
日々のD3の売り上げの一部と合わせて、プレゼント用のバンダナ制作費に充てさせていただきます。

デザイン等はこれからのことですが、
皆さんにご協力いただいていることですので随時報告させていただきます。

ご協力、心から感謝申し上げます。

D-3 CUSTOM LURES
福士知之

2017.06.22 盛夏へ。
道内もずいぶんと気温も上がるようになりました。


渓流が気持ちいい季節ですね。

好きな瀬釣りの季節です。

トロ場に潜んでいる相手よりも
早瀬の中で掛ける相手は馬力が違いますね。


単純にファイトが楽しいです。



バランサーシングル搭載のDUO×D3コラボリュウキ。
カラーはD3サーモン。僕の夏場の定番カラーです。

渓流ではバランサーシングルの安定感と復元力の高さが良く分かると思います。
シェイキングなど激しいロッドアクションを加える方は
とくに感じられると思います。
また、針自体がアンカー的な役割をしているのでフッキングも普通のシングルフックより良いと思いますよ。


そろそろ店頭には、シンカー部が無塗装のバランサーシングルだけのパッケージ商品が並んでいると思います。
フックの色については皆さん個々で好みがあると思うので、あえて普通なシルバーとしました。


北海道の短い夏ですので、思い切り楽しみましょう!



2017.05.31 ローガン
ローガン

好きな ヒュー・ジャックマンの映画なので見に行こうと思ってます。
というよりも、ウルヴァリンというキャラクターがすきなのかもしれないです。


でも、そのローガンの話ではないです。

昨秋くらいから、
キャスト後に飛んでいくルアーを目で追うのが間に合わないことが多々あります

明らかに動体視力の低下ですよね・・・

そう、老眼 の初期症状ではないかと少々悩んでます。

ラインシステム
読み書き
テレビ
スマホ

見難さを感じることはいっさいないですし、
むしろ遠いものの方が見難いので、老眼とは関係ないと思っていました。


なので、
幼馴染のスタッフ石川さんがここ数年
キャストやノットに苦労しているのを???という感じで眺めていました。

『 福ちゃんも近々分かるよ。派手な色のルアーしか使えなくなるから (笑) 』

とはいわれていましたが、本当に見難くなるものなんですね・・・


離せば見える というのが
老眼なのかと思ってましたが、
どうやら動体視力の低下も 老眼 とか 老い ということになるみたいで・・・


なので、この春からラインは全て蛍光色なんです(笑)


もともと、キャスト下手 とは言ってましたが、
離れた場所から狙い通りに落とす遠距離での精度にはけっこう自信がありました。
そのかわりドン臭いので近距離でのキャストなんかはものすごく苦手です。

それが、、、
飛んでいくルアーを目で追うのが間に合っていない感じがしてます。

細かく言うと、
飛んでいくルアーが
キャストした瞬間はよいんですが
途中で消えて、
かなり奥で再び現れる感じだったり、

ルアーを追うと周りの枝が見えてなかったり、

で、
奥に引っ掛けるか、
ビビってしまい手前に落とすかというので
けっこう苦労してます。



慣れるしかないんでしょうね。
もしこの先、
遠近両用メガネ 系
の老眼が現れてきたらたいへんなのではないかと思っています。


でもまぁ、老眼 など
加齢を感じる年になっても、
健康に流れを切り歩ける身体でいられるのでよかったです。


頑丈に生んでくれた母親と
子供の頃から山歩きに連れ出してくれた父親に感謝してます。