2017.09.25 手入れ
革製品の手入れ。

『どれくらいでやったらいいですか?』 
と聞かれますが、
使われ方がどんな感じのか見えないので何ともいえないですけど、

僕は、オイルアップとかいうのは2~3年に1回程度です。
気が向いたらシーズンオフに磨く程度です。あとはほとんどしません。


もちろん、僕や友人の物は川でズブズブに塗れてます。
それでも、塗れたら風通しの良い日陰で乾かす。
これで十分かと思っています。

ルバイヤートで使用している皮革は
もともとの革素材が良いですから、やり過ぎは注意してくださいね。

最初の2~3年は要らないと思います。

あとは、頻繁に皮革製品をいじっていれば
勝手に皮脂が入るので、それほど神経質にならなくて良いと思います。

お財布のように綺麗に使用する物と違って
つり用の皮革製品はブーツなんかと同じように道具ですからね。

梅雨の季節の本州がわかりませんので何ともいえないですが


間違ったエイジングというか、革を過保護にしすぎかと思います。


このルアーワレット、友人所有の初期のもので9年前のものです。

ware3.jpg
9年間、オイルアップ無しでガシガシに使用していたそうなので、
僕が磨いてみるとこんなに照り照りに輝きました。



明るいところで写すとこんな感じです。
ware2.jpg


9年 オイルアップされてなくても
乾燥と乾拭きさえしていれば良い状態のままです。


今回は中のムートンだけ交換してほしいとの希望でした。
ware1.jpg
毛の油分が抜けてしまいゴワゴワと野生化していました・・・
ムートンの質も良いので潰れっぱなしにならずにちゃんと長持ちしてます。



このルアーワレットのムートンですが、10月から仕様を変更します。

どうやら ミノーをメインで入れる方が多いようですので
毛の密度の濃いものにして、もう少しシッカリとルアーを支えるようなものにします。


muton.jpg
以前のものは柔軟さ重視でしたけど、今度のものは “モフモフ”としていて支えるような感じになります。

楽しみにしていてくださいね。

ルバイヤートフィッシングバッグに新色【 カーキ 】を追加しました。

今年は【 オリーブ ・ レッド ・ カーキ 】この3色でのスタートとなります。
IMG_844125.jpg


今回のカーキ色は、オリーブ や レッドに使用している9号帆布ではなく、
ザックリとした風合いの6号帆布です。
IMG44_8127.jpg
9号オリーブとはこんな感じの差になります。

今回の6号帆布は、以前に オレンジ色で使用していた6号帆布とは生地が違います。
オレンジ色ではオリーブ同様のゴワ感のある非常に硬い生地でしたが、
カーキ色ではとても柔らかく柔軟性がある生地です。

同じ 6号帆布でも風合いに大きな差が出るところよいですよね。

【オリーブ9号帆布】
IMG_448130.jpg

【レッド9号帆布】
IM44G_8129.jpg

【カーキ6号帆布】
IMG44_8128.jpg


価格はMサイズ・Lサイズ ともに¥20,500 (税別)です。



※販売店様。発注書が出来上がり次第ご紹介させていただきます。



本日4月12日(日)は町田サンスイ さんで革製品の受注会を行います


4月20日よりホームページ上でも皮革の全製品の値上げをいたしますので
値上げ前の最後の受注回となります。

ナイフケース、名刺入れ、財布などの受注もいたします。
自分の持っている道具に合わせたワンオフ物も、この日のみお受けいたします。
『このプライヤーに合うケースを』 とか 『ここを修理したい』などなどお気軽にご相談ください
それと、
ちょうど new ブラキストンの出荷のタイミングと重なりましたので数本持参いたします。

よろしくお願いいたします




ロッドホルスターの小型サイズがようやく出来上がりました。
多くの注残に時間をとられるためどうしても後手後手に回ってしまいます・・・

ご要望いただいていたお客様にはたいへんお待たせしてしまいまして申し訳ございません。

左側はプライヤーだけでなく、
スティックタイプのルアーリターンを入れることもできます。

カラーは茶色・黒色・ナチュラルの3色。
価格は¥16,500(税別)です。


来年ルバイヤートからフィッシングバッグを発売いたします。

ショルダーバッグですね。
DSCF1461bag1.jpg

僕が一番やりたかった部分が
ランディングネットのホルダー部分をカバンに設置して
すぐに出し入れできるようにすること。
これ、ありそうでなかった特徴だと思います。

これで身の回りをブラブラさせずに、
ショルダーバック1個に釣り道具が納められます。

僕自身ウェダーを履かない時などは
ネットホルスターを忘れることも多かったので…


●フルレザーバージョンは¥35,000(税別)
革製11
黒ベースと茶ベースの2タイプの設定です

使用している皮革はステアハイド(牛革)のソフトレザー
そふとれざー
バッグ専用の皮革でとても柔らかく丈夫です。


●帆布バージョンは¥18,500(税別)
帆布製11
パラフィン等で加工された防水帆布ではありますが、
釣り人の期待するような防水ではありませんので御間違えのないように。
雨や水が普通の布よりも浸透し難いというだけです。


色はオレンジとオリーブの2タイプの設定で
それぞれで帆布生地の厚さをかえてあります。

オレンジのほうは菊水防水帆布6号。
軍用品やテント・貨物用の幌素材として使われてきたものですね。
6号
厚くザックリとしているので最初は硬く感じますけど
使い込んでいくと、本当にイイ感じのヤレ具合になります。

オリーブのほうは菊水防水帆布9号。国防色というやつですね。
これもオレンジ同様に古くから軍用品やテント・貨物用の幌素材として使われてきたものです。
9号
こちらは糸自体は細いですが密に織られているので生地にコシがあります。
オリーブの色落ちがとても早いのですぐにアタリが出て白っちゃけてきます。
『すぐにでも使い込んだ感じにしたい』という方にはこっちでしょうかね。

帆布では個人的に色落ちしたオレンジのほうが好きです。
少々高いですが、耐久性と初期からの使いやすさは間違いなく革製ですね。


内側、背負ったときに体側に来る面にはサブポケットが2つあります。
DSCF1464bag2.jpg
内部にD菅を付けたジップポケットを1つと、
その内側も簡易ポケットになっているのですぐに取り出したいものなどを入れられます。

バック外側の両サイドにはD菅を各1個ずつ付けてありますので
熊鈴なども取り付けられます


掛けてみるとこんな感じ。
バッグスタイル1222
入れてあるネットは僕のメインネットで内径50cmサイズ。

形状にもよりますけど、
ストレートグリップならもう1サイズ上のビッグネットまで入ると思います。

もちろん30cmや40cmサイズの渓流用の小型ネットは余裕で入ります。
カーブネットは、ビルダー次第で曲がりがバラバラですから
正直入れてみなければ解りません・・・スイマセン
ちなみに友人所有のイトウクラフトさんの小型ネットは入りました。


12月から受注を開始いたします。


受注生産で1個ずつ手作りいたしますので
お届けは注文確認後から2~3ヶ月掛かることをご了承ください。
有償になりますが、使用後の修理も受け付けますので
クタクタになるまで末永く使っていただければと思います。