2016.06.25 たけのこ採り
ネマガリダケのシーズンも、もう終わりです。
どうやら今年は不作だったようですね。

冬場の雪が少ないのは冬季の日常生活は楽で助かりますけど
釣りや山菜にはよくないですね。

北海道で採れるのはネマガリダケなんですけど
採る際に、僕は出来るだけ肌の赤いものを探します。
皮を剥ぐと身が白く、エグさも少ないので、青ダケと比べおいしいんです。
たけのこ55
まぁ、好みの問題なんでしょうけど・・・

日陰だったり、
笹の落ち葉の深いところ、
枯れた太い親竹の根元によく生えてます

たけ77

葉の下に埋もれいて、3cmくらいしか顔を出してないので
笹の葉を手で払いのけて探します。

たけのこ33
手前の斑模様でも上物なんですけど、
奥の赤竹とは見た目でもこれだけ差があります。

たけのこ22
リュックにいっぱい、
パンパンに詰めると重量は20-30kgくらい。
これで藪の中から出てくるのはけっこう難儀です

たけのこさいhご
最後なのでご近所や友人のレストランに配る分と保存用。

毎年行方不明者が必ず出ますので
必ず3名以上で、いつも行ってるところに行くだけにしましょうね

この日も、おばちゃんが一人見当たらないようで
一時大騒ぎになってました。

それと・・・道しるべ代わりに紐を入り口に結んで薮に入る方が居るのですが
帰りにちゃんと回収してほしいものですね。

何度か首を切られそうになったころがあります・・・

それと、あちこちで糞便をするなと・・・



さて、たけのこも採ったので春の山菜シーズンは終了です。
ここからは本気の釣りシーズンです



2016.05.26 春の山
生産が遅れ、たいへんご迷惑をおかけしているブラキストンのスピニングシリーズは
なんとか6月中の生産上がりを目指してます。
先日まで全てのリールシートを1個1個 検品しておりました。
※こういう細かなことは僕のfacebookページで確認できます。
これから組み立てですので、6月中~下旬頃でしょうか。。。
もう少しお待ちください。




さて、毎年のことですがこの時期の休日は山です。
釣りも行きますが、釣はほぼ全て仕事用です・・・

この春のしいたけは不作でした。。
山の中をあちこち歩き回ったのですがあまりよくなかったです


その代りといってはなんですが、この春は“シドケ がすごくたくさん生えてましたね。
場所によっては蓬のようにワサワサとなってます。。
IMG_4861.jpg
これくらいの軟らかな若芽を選んで採取します。
風味がたまらないんですよねぇ

20日も過ぎると残るのはタケノコ(ネマガリダケ)採りです。
IMG_4953.jpg
従兄弟のリュック。昔の郵便屋のリュックで背負心地も生地もデザインもいいんですよね。
もう購入は難しいから僕も作ろうかな・・・リュック・・

リュックひとつが満杯になるとちょうど大きめの買い物カゴにひとつくらい。
これを2~3回繰り返します
IMG_4958.jpg



開始早々、竹で長靴が破けてしまった従兄弟の長男
『俺、もう車で休んでるわ・・・』
なんて言ってましたが、
弟(三男)にガムテープで応急処置して強制連行されます
IMG_4951.jpg

素敵です(笑)
IMG_4950.jpg


もう1・2回
タケノコに行ったら春の山菜取りは終わりです。

タケノコが終わればちょうど6月末になるので
産卵後だった虹鱒のコンディションやパワーもだいぶ戻ってる頃ですね。
この辺りではヤマメも始まりますから
ようやく渓流シーズンの盛期になります。


今年も、ですが熊の行動範囲が広がってますね
渓流へ行く方は近場でも鈴なんかを忘れずに。
IMG_4813.jpg

採ってきたタケノコのキムチと、シドケの味噌漬け。
IMG_4962.jpg
最高に美味しいです。
これだけでご飯のオカズいりません。

シドケは茹でたものに味噌を塗って一晩冷蔵庫に入れとくだけ
あとは漬物同様に食べるときに味噌を洗って刻むだけ。

タケノコも、茹でたものを半分に割ってキムチの素に漬けるだけ。

どっちも簡単でお勧めですよ。

ロッドのほうはちゃんと進めてますので
申し訳ないのですがもう少しお待ちください。


2016.05.08 春の山菜②
ネギと同時期に出始めるのがアズキナ(ユキササ)ですね。

甘い香りと、程よい歯ごたえがたまりません。
ぼくはネギよりも断然アズキナのほうが大好きです。

あずきな1
このアズキナですけど、よく似た偽者があるんですよ。
以前、知人にいただいたものを確認したときもけっこう混ざってました・・・
茹でる前に省きましたけど間違って食べるとかなりニガイいんですよね。

こういった葉物の山菜や、キノコは、間違えやすいので
基本的に あげない もらわない が鉄則です。
ニュースでやってましたが亡くなった方がいましたもんね・・・
もらう・あげるは、タラの芽やタケノコ程度でやめておきましょう。

それと、山菜とキノコは、
写真で『これ大丈夫ですか?』と聞かれてもけっこう答えに困ります。
実際手にとって見るのと、写真では違うことが多いですし
生えていた場所や木なんかでも変わってきますから・・・

なので写真送られてきても、基本的に
全て『安全のため止めたほうが良いですよ』という答えになります。
何かあっても責任取れないですので。ご了承ください。

採ってきたアズキナは洗いながらもういちどよく確認。
あずきな2
葉のあまり開いていないものはオヒタシや和え物むきで、
葉のけっこう開いているものは、スネが硬くなるのでソテーとか炒め物に向いてます。

でも、やっぱりオヒタシが一番美味しいですよね。
あずきな3

甘い新タマネギを薄くスライスして、
アズキナ 2 : 新タマ 1 くらいで混ぜても美味しいですよ。

あと、このじきは 新フキも美味しい季節です。
大きくなる前の新フキの時期だけはそこらへんでとっても柔らかくてアクも少ないですね。

蕗ご飯とお味噌汁。
ふきごはん
最高です。

添える朱は、以前にも紹介した 
蕗を紅ショウガの汁に漬け込む蕗の紅ショウガ漬け。

よい季節ですね




2016.05.08 春の山菜①
すっかり更新できていませんでした…
出荷のかさむ時期なので
ついつい手軽なフェイスブックやインスタグラムばかりの更新になりがちです…

春の早い時期の山菜としては
ギョウジャニンニク がもっともポピュラーですね。
知り合いの大工さんは “ パワーネギ ” なんて呼んでるので
僕もだいぶ前からそんな呼び方です(笑)
たしかに、ニンニク感 よりも ネギやニラ感の方が強い山菜ですし、
まぁわかりやすくていい俗称じゃないですかね

さてこのネギ、醤油や、めんつゆに漬けるのが一般的ですけど
我が家はオリーブオイルにも漬けます。

採ってきたネギをよく洗って乾かし、
水気を完全に切ったら好みのサイズに刻んでオリーブオイルに漬けるだけ。
うちは赤いハカマは取らずに付けたままです。

ねぎおいる
三日もすれば、ほどよい香りのパワーネギ油になります。

使うオリーブオイルはエクストラバージン?かなんか分かりませんが
オリーブ臭の薄いやつを使ってます。

で、このオイルがとても優秀でして
漬かってる刻んだネギとオイルでスパゲティを炒めるだけで
おいしいネギゲッティが出来上がります。
ねぎげってぃ
冬場に釣っておいたヤリイカも混ぜるとおいしいです。

鳥肉を炒めたり、いろいろ使えますよ。

あとは画像ないですけど、パワーネギはチヂミにするとすごく美味しいです。
ニラの替わりわりですよね。



2015.12.16 雪のない冬
年内最後の出張も終わり
年末に掛けては新製品の準備や仲間との遊びの釣り。

毎年この時期はヤリイカ釣りが楽しみですね。

仲間の広哉君に減っていたブーツの滑り止めソールを交換してもらいました。
kutu.jpg
家内のUGG。 滑らないので歩きやすいと気に入ってます。
購入時から張替えてあるのうちの奥様はノーマル状態がどれほど滑るのかを知りません。

そもそもUGGのムートンブーツは雪道用ではないので滑るのは仕方ないですよね
でも、このソール。凍結路面でも格段に歩きやすくなるのでお勧めですよ。


僕のペコスもキャッツポウの上から同じソールを貼り付けてあります
kutu2.jpg
ブーツインするので運転時にジーンズの裾がビチャビチャニなることもないですし
滑らないので長靴代わりにちょうどいいです。



それともうひとつ。
来春にロッドに新シリーズが増えます。
sutegoro.jpg
延べ竿 (手竿)です。
魚種がどうのこうのと難しいことは言わずに万能竿です。
僕の虫のトップウォータの原点でもありますし、これがルアー釣りの始まりでした。
最近は魚釣りで色々と思うこともあったので思い切って作りました。

ハイパワー。
ビジュアル重視。
北海道仕様。
港のサビキ釣りから、渓流、フナ釣りまで何でもありです。
詳しいことは近々に紹介させていただきます。

シリーズ名は 【 SUTEGORO 】 ステゴロといいます。
そのまんま 素手喧嘩 の意味のステゴロですね。

魚とリール無しでガチンコ勝負。的な感じでしょうか(笑)

来期は新製品がたくさんですので順を追って詳しくお知らせしますね。