7月30日 (日曜日) ですが、札幌市のマイロッホさんで イベントをおこないます。

内容はというと、 

最近ですが 『 よくできているなぁ 』と感心させられた
モジョ ハンドメイドワークス さんを強引に誘って、
レザー製品とルアーの即売会?的な感じでしょうか。


IMG_8246.jpg

僕の方は、ルバイヤート製品の受注会や新製品についての説明等でしょうかね。
ハンドメイドルアーの方は 間に合えば 何点か持参する予定です。
こればかりは時間との勝負ですので確約できません・・・スイマセン・・・

それとですね。
チャリティーイベントとして

僕 と D‐3フィールドスタッフ の 使用しなくなったロッド等をオークションしようと思います。
数は少ないですが、旧モデルのブラキストンや現行品のプロトモデルなどになります。

何のチャリティーかといいますと、
白血病治療で頑張っている人たちへのプレゼント用の資金へあてさせていただきます。
7月30日 の僕のハンドメイドルアーの売り上げも全て、同じ用途に使わせていただきます。

いちおうですが、
うちの会社の売り上げからはイベントの有無に関わらず
毎年チャリティーを継続していくことは伝えておきますね。


色々悩んだのですが、団体等への寄付であれば、
患者さんに渡るかどうか不明な部分が大きいので
プレゼントとしての利用を考えております。
用途はすでに決めてありますのでそのうちにまた報告させていただきます。




どうして白血病なのかの理由をざっくりと説明させていただくと
僕がルアーメーカーをはじめようと気持ちが傾いたのは、母の死でした。
2002年。急性骨髄性白血病でした。


その遺言といいますか、最後になった送迎の際に母にいわれた

『 何処へ行ってもいいし、何をやってもいい。
家のことも考えなくていいから、お母さんはあんたにはあんたの人生を歩んでほしい。 』

という言葉がきっかけです。


僕はドンクサイので、
家 (家業である塗装屋)のことで手一杯だったので、 
それからしばらくかかって D‐3 をはじめるのですが

そのときに、
『 ちゃんと10年続けられて、これでご飯を食べられるようになったら母に恩返しをしよう』
と決めていました。

来年で10年になります。
これは本当に皆さんのおかげです。

いなくなった母には恩返しはできないので、
同じ病気を相手に頑張ってる方へプレゼントしようと決めていました。
見舞いのたびに、何が良いのかは分かってましたので。



こういうチャリティー的なことは何かしらのアピールとか思われるのが
と嫌なので、以前から身近な人たちだけに相談していたのですが

御大から、
『悪いことじゃないんだから皆さんに話して協力してもらった方がいいよ』
といわれましたので、これからは毎年皆さんにも協力していただけたらと思います。


さて、
7月30日にお待ちしてますのでどうぞよろしくおねがいいたします。

けっこう良いロッドとかあると思いますよ。


福士知之
おかげさまで大好評の福蝉シャロー。

これから最盛期というのに
一部のカラーが欠品になってしまいスイマセン・・・

でも皆さんからメッセージ等をいただけてとてもうれしい次第です。

Ktomo6903.jpg

さて、せっかくですのでD3でもフォトコンテスト的なものを
インスタグラムでひっそりとやってみようと思います。


対象ルアーは 福蝉シャロー 。

対象魚は なんでもOKです。

選考基準は カッコいい写真。
※魚のサイズなんて釣る側は選べないですからね。

景品は名前入りの 福蝉 です。 
ステラとかで無くてすいません・・・笑

魚のサイズ・魚種 を問わずに素敵な写真を取ってくれた方3名様に
名前入りの大福と福蝉をセットで製作しますね。

【応募方法】
僕は、インスタグラムに Tomoyuki Fukushi というアカウントで参加してます。
なので、インスタグラムをやっている方は、写真を投稿する際に

#d3カスタムルアーズ
#福蝉シャロー

この2つのハッシュタグを必ずつけて投稿してください。
僕はこれを頼りに写真を検索して独断と偏見で選考いたします。


期間は9月1日までとします。

ただし、
●魚を水から上げた写真。※草の上にゴロン とか 砂の上にゴロンとか。
●魚が弱ってしまい瞳孔が開いてる写真。
●水から手で持ち上げた俗に言う ニコパチ写真

以上は全て無効とします。

魚を弱らせずにキレイに撮影するのも釣りの大切なテクニックだとおもいます。



本当に魚はウグイでもブラックバスでもなんでもOKですよ。


それと、
今年もブラキストンフォトコンテストの方はインスタグラムで開催しますので、こちらも追ってお知らせさせていただきます。




これは、先日の支笏湖で足元に浮かべてた福蝉 の周りを行ったり来たり旋回し、
結果的に見切って帰っていく 大きなブラウントラウトです。
brroo.jpg
60cm中ほどかと思いますけど、太さが半端じゃなかったですよ。

【わかさいも】みたいな体型していましたからね。 道産子じゃないと分からないかな…(笑)


悔しさよりも、爽快感すら感じられるフラレかたでした。


水質が良いので こんな長時間のドキドキを楽しめるのも支笏湖の楽しさですよね。



ではでは、ぜひインスタグラムのほうでご参加ください。
お待たせしておりました
【 福蝉シャロー 】の出荷を開始しました。


パッケージはこんな感じです。


リップを付けたシャローレンジ用のクランクベイトですので、
“ホットケで最強” という感じの
本家ハンドメ【福ゼミ】とはコンセプトは若干違いますけど、
やはりパッケージは馴染み深いイメージにしました。

まだまだ蝉のホットケメソッドの季節には早いですけど、
今の時期はブリブリとリトリーブで引き倒していただけると良いと思います。
こいうところがリップが付いている最大の長所ですね。

なにぶん一人ですので、1軒ずつ発送しているので
店頭に並ぶタイミングが前後するかと思いますけど、そのあたりはご了承ください。
それと、ハンドメイドではないので数にも余裕がありますのでご安心くださいね。


そうそう、本日運転中に対向車が飛び出してきて危うく正面からぶつけられるとこでした。
フラフラしていたので嫌な予感がして徐行していたのですが、案の定スマートフォンを操作してました・・・

Linなどの返信や、SNS用の“ネタ”作りやコメントに必死になるのは分かりますが、
そんなことのために一生の後悔をすることないようにして欲しいですね。
もうすぐ北海道でも桜や花が咲く季節になりますけど、本当に気をつけましょうね。


現在ダイビングダリアの出荷を進めています。

IMG_8548.jpg
ブリブリアクションで、普通のダリアよりも1レンジ下を引いてくるようなルアーです。
5gありますので、使用できるフィールドも広がると思います。


それと、12月から遅れること3ヶ月。
ようやくKAIDのヒップバッグも出荷作業を開始いたしました。
たいへんお待たせしてしまい申し訳ございません・・・・


3月20日の月曜日には岩手県の盛岡にお邪魔する予定です。
3月24日に札幌のイベントに参加させていただき、春の展示会はとりあえずひと段落です。

撮影やテストなど色々と予定で埋まってますが、
ようやく現場(釣り場)での作業になるので嬉しいですね。

まずは海サクラマスからでしょうかね。
2017.02.21 福蝉シャロー
福ゼミなんですが、次回の発売予定は12月頃です。
夏頃から製作するのでおそらくそれくらいになると思います。

その代わりといっては何ですが、
今年は福蝉のシャロークランクを4月頃に発売予定です。



39mmで6.3g。  

“福蝉のプラスチックを出して欲しい・・・”
 というありがたい声はとても多いのですが、
福蝉はあのままのハンドメイドが良いと思ってますので
あの形でプラスチック化する気はないんです。

そこで、プラスチック版ではシャロークランクにしました。

清竿堂の古い常連さんたちにプロトを見せたときは、
『 やっぱり、シャロークランク作るんだ (笑) 』とバレバレでした。。。


湖でも河川でもシャロークランクというルアーは本当に使い勝手がよく、

カルティバの“デメタシャロー”
 
ジップベイツの“クレイズ”

OSPの“バジンクランク”

などは本当によく魚を連れてきてくれます。
とくに バジンクランクは傑作なんじゃないかと思います。

でも、一時のブームが去ってしまったのかここ数年は
道内店舗ではシャロークランクのカラーラインナップが寂しくなり
店頭にも減ってきてました。

そこでシャロークランクを作ることにしました。
迷うことなくリップをつけてた古い福蝉がモチーフです。


自分で言うのもなんですが、けっこう雰囲気が出ていると思います。
僕らしく、エグさのないファニーな見た目です。

_DSC8703.jpg
横から見るとこんな感じですね。




コロンとした体型ですので良く飛んでいきます。
アクションはクランクらしいブリブリです。

グ~っと巻いてくれば水面下30cmくらいまで入りますので
湖面が荒れてる時でも非常に使いやすいです。
安定感抜群ですので河川で逆引きしても飛び出さずにブリブリとアクションしてきます。
河川ではニジマスがよく良く釣れますよね。

カラーバリエーションは9色です。

IMG_8278.jpg
これはホロバージョンですね。
ホロの柄も工夫したのでクランクベイトながらそれっぽさは出ていると思います。


3月4日 ・ 3月5日
札幌市のつりぼりオーシャンで開催される展示ベントにも持参しますので
ぜひおいでください。