2年も前からいつ出すんですか?

と聞かれてきましたブラキストンのソルトロッド。

海サクラだけに合わせるのか
鮭よりなのか、ショアブリに合わせていくのか
色々と模索してきました。

海サクラマスや鮭釣りでは僕がずっとやってきたので
ちゃんと自分達でフィールドでテストしているのは伝わってきたと思います。

紆余曲折、色々ありましたけれど
最後の対象魚として、ショアからのブリとヒラメを翔大君にテストしてきてもらいました。
仲間には伝えたことがありますけど
ロッドテストに関してはこれ以上ない最高のテスターです。





IMG_9556.jpg


IMG_9557.jpg


相変わらず、釣る釣る
朝夕だけで10枚近くのヒラメを釣り、
ブリでのテストもその日のうちにしっかりしてくるという優等生です(笑)

キャスト性能もリフト性能もバッチリとお墨付きなので一安心。
ブランクはこれでいくことにしました。

北海道ソルトオールラウンドロッド的な位置づけでよいんじゃないかと思います。

MAXウェイトは55-60gといった感じでしょうかね。
ちゃんとロッドを扱える方であればかなりの飛距離が出ます。

これから、コスメやグリップ周りの詳細を決めていくので
まだまだ価格や発売時期は決められませんが、来年初めを目指して頑張ろうと思います。


それと、
8-9ftクラスの湖沼・本流・ライトな海サクラ程度のロッドは別途進めています。
こちらも随時報告いたします。


リールシートパーツが出来上がってくるたび随時自分で検品してます。

IMG_8437.jpg
柄の派手なものから大人しいものまで様々なのが天然木の良いところですよね。
人によって好みも様々だと思います。


これは、リア側フードの内部に納まる樹脂パーツです。
リールフットに傷を付き難くしてくれる大切な部品です。
IMG_8445.jpg



そしてこれがフロント側。
IMG_8447.jpg
ブラキストンシリーズは、
フォアグリップを回してリールを止める一体型ですので
フロントの樹脂パーツは薄いです。


前後このように装着します。
IMG_8449.jpg



リールをロッドに装着するときの注意ですが、
うちのロッドに限らず、
スクリューの締め込み過ぎは破損の原因になるので気をつけてください。

リールが外れないように “しっかり止める” ことは大切ですが、
なんにでも節度があります。

ぐりぐり締め込み過ぎると、
樹脂パーツが割れてしまったりウッドが割れてしまったりします。


リールフットのアーチが強く高い、
最近のシマノリールであればこれくらいのクリアランスで止まると思います
IMG_8440.jpg




リールフットのアーチが緩く低い
ダイワのリールであれば、ちょうど納まる感じでしょうかね。
IMG_8441.jpg



すべてのパーツを1個1個こうやって検品しているので
いつもロッドの完成が遅くなってしまいます。。。

新機種は5月末頃を目掛けて頑張っていますが
少し遅くなるかもしれません。。。。


随時報告させていただきますね

この春~初夏に掛けて
ブラキストンに2機種追加します。

ひとつは、BKT-408UL 4ft8inchのウルトラライトアクションです。

BKT-408UL.jpg
初代ブラキストン503ULの後継機種になりまして
ロッドアクションのイメージとしては、BKT -611L を短くした感じでしょうかね。
パワーのあるBKT-500Lとはイメージのまったく違うアクションになってます。 

僕的には完全なるヤマメ専用ロッドです。
手首の返しを利用したスイングでとてもきれいに竿が曲がりますので
キャストの精度がとても高まると思います。
ルアーのMAXウェイトは5.5gとなってます。


もう1機種は、BKT - 608ML-OH
6ft8inch のワンアンドハーフ仕様で、
ブラキストンシリーズではちょっと毛色の違うロッドです。
BKT-608ML-OH.jpg

『1本で小型ミノーからロングミノーまで使いたい・・・』
『短くて強い竿がほしい。でも硬い竿は嫌だ』
『とにかく丈夫な竿が欲しい』

というのを1本に集約しました。
なので、センターカットの2ピースでは難しかったのでワンアンドハーフになりました。

人によってキャストの仕方が色々とあるので
念のためMAXウェイトは23g表記になってますが、
僕はタイドミノースリム175Fなども普通にキャストしてます。
インスタグラムにその動画をアップしてあります。

いちど店頭などで振ってもらうと良く分かるのですが
硬さはありません。負荷に応じてグイグイと曲がっていくトルクのあるロッドですので
福ゼミやバッタエビセンなんかもストレス無くキャストできますし、
粘り強いのでボートからのキャスティングにも向いてます。

今年の2機種は少し個性を強く出してみました。

現在はそのロッドたちに使用するリールシートの検品作業の最中です。
クリアランスを含め1個1個を自分で検品しないと落ち着かないので。。。
!cid_1F487989-FEDA-42F3-91CE-C96D3ABD05F4.jpg
僕はどちらかというとあっさりした木目がすきなのですが
木目がキレイでだとなんだか嬉しいですよね。

なるべく早く、リリース出来るようにがんばります。
順調にすすめば、5月末~6月中には出せるかと思います。

この夏は、来期に予定している新ロッドのテストを繰り返してました。

BKT-408UL  予定では 4ft8inch のウルトラライトアクション。ですが、ちょっとグリップとブランク長で調整するかもしれないのでもしかすると407になるかもしれません。

31yama2.jpg
30.7cm BKT408ULプロト + ギャンブレル

いずれにせよブラキストンシリーズではもっとも短いレングスになり、初代のブラキストン503UL の後継モデルでもあります。

ブラキストンには BKT-500L というショートロッドがありますが
こちらは不意の大物なども視野に入れたハイトルクモデルですので、今回のULアクションはヤマメ・イワナ釣りに合わせて調整しました。

大好きなヤマメ釣りをしていて
あのやたらに速いチェイスに何度も悔しい思いをし、
あ~もうこれは自分用のヤマメロッドを作ろう!
ということになり、僕のなかでは小河川ヤマメ専用ロッドという感じです。

ちょっととしたエゴから “ ピュッ!!” と出てきて “トンッ” と一度だけ触れる。
とか
瀬や落ち込みの下から、“ ブワァッ”と出て、触りもせずに“スーッ”っと消える。

いずれにせよ出るのはその一度きりで、尺ヤマメに二度目は無し。が当たり前。
ヤマメ釣りではおそらく同じ思いをしている人がたくさんいると思います・・・

ヤマメに限らずとも、源流域の色濃い小さなイワナやオショロコマなんかに遊んでもらうとき
ハイパワーロッドじゃ申し訳ない気持ちになるのと、釣りが全く面白くないですからね。


必要なものは作る。技量でどうにもならないことは道具の工夫で何とかする。がモットーなので現在一生懸命に微調整中です。

33yama.jpg
33cm 初代ブラキストンBKT-503UL + ファーラップ
これだと少しだけロッドが長く先調子なんですよね…

大きな魚も狙うという方は、500L か 511Lがお勧めです。

9月に入ると婚姻色(ブナ)が出るのでヤマメ釣りは終わりになりますね。

2016.04.09 釣行前に。
ようやく北海道も春めいてきて皆さん
海 ・ 湖 ・ 川
と 好きなフィールドへ出かけているかと思います。

シーズンの開幕ということもあるので、ちょっとした気遣いをひとつ。

釣行前に、ロッドのフェルール部分に軽~くロウソクを擦ってあげると
緩みや、固着を防ぐことになります。


撫でる程度で十分です。
あまり塗りすぎるとジョイント部分がきつくなりますからね。

ロッド専用のフェルールワックスじゃなくて大丈夫です。
100均などにいけばパックで売ってますので仲間で分けると良いとおもいます。

僕は実家の仏壇で短くなり廃棄される端っこを使ってます。
よく魚が釣れてくれるのは、先祖からのご利益かもしれませんね。