僕は毎年お盆が過ぎるとソール交換のタイミングです。

フィールドによって、
●歩く釣りの河川用には 結果的に最も滑りにくいフェルトソール を2足。
●動かない釣りの湖&海には 乾燥が速く軽量な ビブラムソール を2足。

使い分けて使用しています。


フェルトタイプのシューズは、
●何だかんだ長持ちするシムス
●あると便利なコーカーズ
の2足がメインですが、どうしてもフェルトソールの減りが早いので、
この時期で毎年一度交換となります。


何年か前にも乗せましたが、あれから少し工夫するようになっているので
僕なりのソール交換を紹介しますね。

まずはコーカーズなんですけど、
【フェルトソール ⇔ ラバーソール】等など、
数種類のソールをすぐに交換できるのがとても便利なので、
1足あると何かと重宝するシューズです。

が、

フェルトソールをメインとする方は、
ソールの構造上どうしてもソールが薄いので減りがとても早いことを頭に入れておいてください。

これは僕の純正フェルトですが、これで釣行数4回です。
こーかー1
僕は、1回の釣行で相当な距離を歩くので仕方ないのですが、
もともとのフェルトが薄いので、安全の為にも早めの交換が必要だと思います。

自分で貼り替えをしない方は
純正のオプションソールには白いスパイク付きのフェルトソールがあるので
それが比較的長持ちしますよ。

自分で貼り替えする方は、
釣具店でおなじみのこのフェルトを使用します。

ふぇると
シムスの交換用はいつもこれです。


少し端折りますが、

①まずはソール形状に合わせて大まかにカットします。

②そして、接着面になる方から、好みの数と場所にビスを打ちます。
※これはコーカーズ用にカットしたフェルトです
こーかビス1
ビスの長さは交換用フェルトより少し短いものをしっかりとねじ込むのが良いと思います。


【 まずは、コーカーズ 】

こーかー3
減った純正ソールに1回目のボンドを満遍なく塗ります。

こーかー2
貼り付けるソールにも1回目のボンドを満遍なく塗ります。
ビスの皿が埋まるようにたっぷり塗ります。

そしてこのまま1日放置乾燥させます。
※1回目のボンドはプライマーのようなものです。


翌日に、2回目のボンドを塗ります。
こーカー2の2
純正ソール

そして
こーカー二回目
交換ソール

両足すべてにボンドを塗り終えたら、
20~40分くらいこのまま放置乾燥させます。

塗ったボンドが、ガムテープのような状態なったタイミングで両方を貼り合わせます。

純正ソールのオレンジ色のツメを破損・変形させないように
下に、座布団的なものを敷いてから、その上でハンマーで叩いて圧着。
叩き後
※コーカーズの写真を撮り忘れたのでシムスの写真で代用してます

接着したら、ガムテープ等でグルグル巻きにして再び1日放置。
コーカーズのソールはソールのみで作業できるので楽ですね。


翌日に、しっかり乾燥接着したのを確認したら、
フェルトソールの裏側にスパイクを避けながら切込みを入れます。

深さは貼り付けたフェルトの 2/3 ほど。
ふぇるとかっと

好みの角度で、縦横 碁盤の目のように切込みを入れます。

ふぇるとかっとコーカー

もともと薄いコーカーズの純正ソールに、
分厚い交換用のフェルトソールを貼ると、ソールが硬くなり屈曲性が失われ
歩行中や屈んだときにソールが外れたりする原因になるのでそれを防ぐ役割と

なにより、このようにカットしとくとソールが格段に滑りにくくなります。

シマノやダイワの 3Dカット の真似ですね。

鮎タビと磯用シューズでこの良さを学びました。

みぎあし
右足は、車のアクセルやブレーキ操作があるので、
ビスは小さなものを少数打つだけにしてあります。
運転危ないですからね。


それと、コーカーズ用では、
つま先部分のフェルトをかなり斜めに削ぎ落とすのも大切です。

ブーツのつま先部分には
オレンジ色の樹脂パーツが納まりますが、
交換時に厚いフェルトを貼り付けるので段差が大きく出るので引っかかりが気になります。

つま先部分の削ぎ落としわかりますかね?
左足
左足の裏側はガッチリスパイクです。
裏面のカットの具合がわかると思います。


バチッっとはめてコーカーズの交換は完成。
コーカー完成

コーカー完成2


自分での交換は楽なのですが、、、
コーカーズのソールを自分で張り替えた際には唯一の欠点があります。

フェルトが分厚くなるので、純正に比べると、かなりの重量アップになります。
まぁ この厚さが水を吸うわけですからね・・・

純正フェルトが薄いだけに重量差が大きいです。



【そしてシムスです。】

前回、自分で交換したソールをゆっくり剥がします
シムス剥がし


ミッドソールを傷めないように慎重にしましょう
シムス剥がし2


端折りますが、、、

●靴底の形から少し大きめに型取ってフェルトをカット。
●好きな位置に、好みのビスを打ち込む。

これまでは、コーカー図と一緒です。


シムスの方は、ボンドを塗布する前に
やはり、ソール裏側に切込みを入れます。
ふぇるとかっと



こんな感じです。
ふぇるとかっとシム

シマノの“ 3Dカット風 ” ですね。
シムスのシューズには、これは必須です。


そして、コーカーズ同様にボンドを塗布します。

● 両足の フェルト、靴底 に ボンドを塗って1日放置。
●翌日に、もう一度全てに ボンドを塗って20~40分放置。

ここまで一緒ですね。


そして、

同じようにガムテープほどのベタつきになったら、
ハンマーで叩きながらソールを圧着します。

僕は、靴修理用の金床を使用してます。
※普段履くブーツの手入れにも使えるのでひとつあると便利です。


シムスは、凹んだ土踏まずの部分を先に圧着します
叩き先
一度貼ってしまうと動かないのでズレないように気をつけましょうね。


土踏まずを決めたら、周りをバンバン叩いて圧着。
叩き後



貼り付けたらブーツの靴紐で土踏まず部分をしっかり縛って固定します。
しむす縛り
こうしておくと、乾燥する間に隙間が開くことを防げます。

※それと、シムスのように土踏まずが凹んだ形状のソール交換は
 先ほどのように、フェルト裏を“3Dカット風”にカットしておくことで
 フェルトの屈曲性が増すので接着が容易になります。


写真を端折ってますが、
紐で縛り、さらにガムテープ等でしっかりグルグル巻きにして
一日放置してしっかり乾燥させます。




完全乾燥したら、はみ出ているフェルトを端を削ぎ落とします。
端カットシムス



つま先部分がかなり減っていたので、
靴補修財の“ シューグー”でパテのように補修。
つま先補修2
近所に売って無ければ、スーパーXの黒色でもいいと思います。


こんな感じですね
つま先補修



しっかり乾燥させて完成

IMG_9170.jpg

ウェーディングシューズは命に関わるものですので
作業は慎重かつ確実にやりましょうね。


ウェーディングシューズも自分で作りたいですね。
現場主義でちゃんと使えるモノを。



リップ素材のカットは何がお勧めですか?
と聞かれましたので最近見つけた良いものを紹介しますね。


ゴッドハンド・アルティメットカッター
IMG_8817.jpg
名前からして凄いです。
そしてそこそこ大型です。

又部分にも“究極”なんて彫られてますからね
IMG_8818.jpg

で、実際どうなんだと言うと、これは切れ味が凄いです。

説明書にもありますけど
2mm程度までのプラ板なんかをカットするには素晴らしいです。
今のところ個人的には最強だと思います。


何が良いのかというと、刃がとても薄いです。
IMG_8821.jpg
プラスチックやポリカーボネイト板を切るのには刃が薄いほどいいですからね。


で、この薄い刃の正体はカッターの刃。
IMG_8822.jpg
バラすと中からオルファの刃が出てきます。

これですね。
IMG_8823.jpg
なので、切れなくなったら即交換できて便利です。

上の薄い刃と、、下部の樹脂版とで物を挟み込んでカットする仕組みなんですが
IMG_8819.jpg
刃が薄いと断面が白濁しません。

たとえば、この2mm厚のポリカのリップ素材

普通にプラモ用のニッパーや硬物用のハサミで切ると
刃に厚みがあるので、どうしても力を加えたときに樹脂素材を押しつぶすので
つぶされた部分が白くなります。
IMG_8832.jpg
分かりにくくてスイマセンね。
こんなふうに中心部分のほとんどが白濁しますよね。

これを、アルティメットカッターで切ると

IMG_8833.jpg
ほとんど白くなりません。かなり優秀です。

ハサミ自体がゴツイのと、価格もそこそこしますので
ハンドメイド用のリップを数個作るレベルには必要ないかもしれないですけど
まとめて数十個作る際に、板を一気に直線裁ちする際には重宝します。


唯一の難点は付属の刃交換用レンチを紛失しそうなことくらいですかね。
なんでもいいんですけど、わざわざ六角セットを取り出すのも面倒なので
僕はグリップの尻に穴と溝を掘って納まるようにしてます。
IMG_8827.jpg
こんな風に穴と溝を掘っておけば

こうやって収めれます。
IMG_8828.jpg


握ったときでも邪魔にならないです。
IMG_8829.jpg
僕はよく紛失しますので、こういう工夫が必須なんですよね・・・


あとは、ここのニッパーも
狂うことが少なく切れ味が良いです。
IMG_8836.jpg
細かなバリ取や
手の逆剝けなんか切るのにも重宝してます。


宣伝してるわけじゃないですけど
僕は最近はプラ板の切断にはこれを使用してます。

2017.04.08 SOTO
バーナーとかテーブルなど
いろいろと買い足してきた結果、
色気がバラバラだったのでバーナーを換えました。

SOTO
レギュレーターストーブ ST-310 

マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
IMG_8773.jpg
テーブルからスケルツールまで統一感あって気持ちがいいです。



アメンボみたいなレギュレーターストーブ ST-310。
コンビニでもすぐ買えるカセットボンベタイプは厳寒期以外はとても便利です。
IMG_8774.jpg
使用している方に燃焼が安定してる進められて選びました。
最後までBOOK型のG-ストーブ ST-320と迷いましたけど
僕の使う鍋が大きいのでST-310に。


たぶん出番が多いのはこっちの
マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
IMG_8779.jpg
これは四本ゴトクも一緒に買った方がいいですよ。


どちらもユニフレームのデカ鍋でも安定感抜群です
IMG_8775.jpg


テーブルはネットで見つけた
ファイヤーメイプル?とかいう安価なもの。
IMG_8781.jpg
これはコンパクトで、なかなかいいですよ。
価格相応な部分もありますけど、不具合はないです。

ただひとつ、組み立て時に気をつけなければ
テーブルのエッジで手の皮が剥けることがあります・・・
僕はヤスリで角をならしました。

これらをまとめて入れるバッグもいいのが欲しいところですが・・・

今まで通り とりあえず釣用のバッカンです (笑)
IMG_8783.jpg
軽くて、丈夫で、収容力抜群。
水洗い時にはバケツ代わりにもなるので
なんだかんだキャンプ道具入れとして最強です。

上のバーナー・テーブル・鍋・各ガス缶×4・ペットボトル1ℓ
いれてこれくらいです。
いつもはこれにもう1本ペットボトルを追加して、
けっこう多目の食料やコーヒーセット入れても1つに納まります。

SOTOでグレーのバッカン作らないかなぁ


2016.11.02 手袋の話
一気に秋を通り過ぎてもう冬です。
朝方は氷点下になるのでさすがに寒いですね。。。

こらから冬に時期に向けて北海道では手袋が必須になりますが、
お勧めの手袋は何ですか?
と聞かれたので僕なりの冬の手袋事情を紹介しますね。

昨年はー24℃という超極寒の中、スタッフの本流釣りに同行したので
指なし手袋(昔でいうボッコ手袋)でキャストできるようになった自分がすこし自慢です(笑)


冬季のルアーフィッシングですが
今時期のように、まだ比較的暖かい日の淡水の釣りや、
海サクラマスの釣で、使用している手袋は、
こんな指先だけカットされた 3本指なしタイプです。

IMG_7070.jpg
普通に量販店で安く販売されてるものですけど
手のひらの部分は滑らないですし、手首の部分が長いので暖かいです。
価格の割には本当に良くできてます。

ただし、この滑り止めの手のひらの部分は生地が薄いので
僕のように寒がりの方には厳寒期には向かないかな?と思います。
リールフードの金属部分がとても冷たく感じます。

比較的暖かい日の海サクラをやるときは、
この指無しグローブの上からパワーフィンガーという
キャスティング用の指先保護グローブを装着してます。
IMG_7072.jpg
PEラインを使うようになってからはこのパワーフィンガーは必須になりました。

今年はじめのサケ釣りでは
朝一にこれを忘れてポイントに下りたため指先がパックリ切れ痛い思いをしました…


そして、
厳寒期はこんな ウインドストッパーのフリース手袋を使用してます。
IMG_7071.jpg
はじめから指先が保護されてるのでパワーフィンガーは必要ありません。
手のひら部分が滑るのが唯一の欠点ですが、
右手のひら部分だけ ポツポツとスーパーXあたりを付けておけば滑り止め軍手のように出来ます。

個人的にはウィンドストッパーのフリース手袋が厳寒期には断然おすすめです。
よく水濡れを心配されるかたがいますが、水に手を浸けることなんてほとんどありませんよね。
ルアー交換は濡れても指先のみですし、細かい作業は手袋を脱ぎますから。

いよいよ濡れるのは魚が釣れた時の撮影時くらいでしょうかね。

僕は交換用に同じフリース手袋をポケットにひとつ。
そして車内にもうひとつの計3つ持参してます。
塗れてしまったら予備とすぐに交換する感じです。

フリースの良いところは、
ガッチリ絞ったら車のヒーター等ですぐに乾いてくれるところです。
ポイント移動や休憩の時なんかで乾いてくれるので、
魚を持った手袋は、温泉に行ったときに水道で洗ってしまうので、翌日も臭くない3個でスタートできます。


で、最後がネオプレーン手袋
IMG_7073.jpg
個人差があるのでなんとも言えないですが、僕は釣りで使用することはありません。
写真のは缶の蓋を開けたり、固着したロッドを戻すための作業場用の滑り止め手袋として使ってます。

過去に海アメ釣りでネオプレーン手袋着用で指先が凍傷になったことがあるので
僕の体質には合わないようです。
手袋の中で蒸れて汗をかいてしまい、それが冷えて指先が2本軽度の凍傷になってしまいました。
あまり発汗しない人には良いのかもしれませんけどね。
人それぞれですね。



けっきょく冬場の手袋選びは、
まずは風をシャットアウトすることが1番だとおもいます。

そのあとは、

① はじめから水で濡れない手袋を使用する (ネオプレーン等の防水手袋)

のか、

② 濡れたら予備と交換と割り切って使用する(ウィンドストッパーフリース)

のどちらかと思います。

僕は後者ですね。


近年はゴアテックスや、シンサレート、タイタニウム?
とかいう様々な素材の手袋が登場してますので
アウトドア用から作業用まで色々と試してみますが
釣用に これだ! っていうのはまだ見つかっていません。

日常を考えれば、
昔ながらのムートン製手袋の素晴らしさといったらないですよね。
UGGの五指手袋なんて本当に蒸れずに暖かい。
ムートンは羊毛なので当然臭くならないし最高です。
釣りに下ろすにはさすがに勇気が必要ですけどね。。。

手袋事情は北国の釣り人にとっての課題ですので
そのうちKAIDでやろうと考えてます。


2016.10.14 リールの話
スナップの次は
使用しているスピニングリールについての返答です。

僕は使用するリールを購入する際に必ず換えスプールを買うようにしてます。
こうすると1台のボディで2つのフィールドをまかなえたり、
予備スプールとしてバッグに入れておけば現場でも使い分けられますからね。


渓流ではステラC2500HGSがメインです。
渓流や中流域がメインフィールドで、PE派の人であれば
このリールが最も汎用性が高いんじゃないかと思います。
c2500hds.jpg
このリールには、PE0.8号を巻いて蝉の釣りや中流など。
同番手の換えスプールにはナイロンの4lb~5lbを巻いてヤマメ・イワナ釣りに使用します。
個人的にはヤマメにはナイロンが合っていると思ってます。





中流・本流・湖で使用していた前型のステラ2500。
換えスプールを買いすぎてこんなことになってます・・・
st2500.jpg
もともとの深溝2500スプールには冬季用のナイロン8lb
夢屋PE0820スプールには本流用のPE1.0号
浅溝の2500Sスプールには渓流用のナイロン5lb
1台で全てのフィールドを済まそうとして、スプールがこんな感じになってしまいました・・・




現在の本流・湖メイン・海用の予備にはステラ3000HGM 
丈夫な4000番ボディで、ローターとスプールが小さいタイプですね。
ラインキャパ的にカラフトマスや海サクラにもちょうど良いです。
c3000m.jpg
換えスプールの写真を撮り損ねてますが、2500番スプールがあります。
その2500番スプールにこれからの冬用にナイロン10lb
標準装備の3000Mスプールには海サクラ用にPE1.2号が巻いてあります。




海サクラ・カラフトマスのメイン、鮭の予備はイグジスト3012Hです。
ヌルヌルと出て行く ドラグが気に入ってます。
海サクラではこれがメインです。
理由はボディが樹脂製なので厳寒期に手が冷たくないんですよね。
以前に凍傷でやられてるので大切なことです
ex3012h.jpg
海サクラにはPE1.2号、鮭にはPE1.5号を巻いてます。





鮭釣りのメインと、ショアからの鰤用リールはセルテートHD4000Hです。
スプールは3500Hのものを交換用にしてます。
crHD4000H.jpg
4000Hスプールには鰤用のPE2.5号
3500Hスプールには込み合う場所の鮭用にPE2.0を巻いてます。
鮭に2.0号はちょっと太いですが、激込みポイントに入る方なら理由は分かると思います。
イグジストだけでも良いんですが、
11ft~13ftを使う鮭釣にはリールは重たいほうがいいですよね。
浮きルアー釣にはこっちのほうが合ってます。



エギング用には
1世代前のセフィアCI4 C3000HGSDH と セフィアSS C3000HGSDHを使ってます。
軽いのでCI4のほうが断然使いやすいです。
セフィアSSのほうは完全にビジュアルで選びました。色がカッコいいんですよね。

spiaci43000hgsdh.jpg
ラインはどちらもPE0.8号です。
CI4が古くなってきたので、
次はビジュアル的に最高なDAIWAのエメラルダスを買おうと思ってます。
軽いですしね。


僕が現在使用しているスピニングリールはこんな感じです。

なんとなく淡水がシマノ、海がダイワ的な感じになってますけど、
ただ単にラインキャパの関係でこんな選択肢になってます。

シマノ派 or ダイワ派 なんてのが未だにあるのかわかりませんが
それは車やスマートフォンの好みと一緒ですよね。

ベンツが好きなのか、BMWが好きなのかとか。
アイフォンが好きなのかアンドロイド系が好きなのかとか。

双方に聞けば、だいたい自分の使用してないほうの悪い部分をいいますよね。
そして、双方ともに 自分の使ってるものは良いといいます。

ようするに、どっちも良いものということですよね(笑)


見た目や重さ。
自分が使用するラインに合わせた選択だけでいいと思いますけどね。