2009.09.23 休日
連休中、1日だけ自由な時間が取れたので釣りへ。

名のある河川は人が多いだろうと思い、少し遠くへ走った小河川へ。
夏には良型のヤマメ、そしてニジマスとブラウンが遊んでくれるところ

準備をし、河川へ降りた瞬間に僕の少し上流の浅瀬を赤い魚が2尾横切りました。
しばらく観察していると、出てきたのはペアリングをしたヤマメ。



片方は40センチ後半のサイズですが、ここは凄く高い堰堤で海とは完全に寸断された川
海へ下った固体ではないようなので、おそらく河川のなかで育ったんでしょうね

身動きをせずにしていると、僕からすぐ上、2mほどの箇所で産卵床を掘りはじめます。

偏光フィルターを持参すればよかった・・・
sakura2_convert_20090923222536.jpg

こうなるともう、身動きは出来ません。

思い切り鼻の曲がった大きなほうが床を掘ってますが、
風貌はどうみてもオスのヤマメ。
これって普通メスが掘るんじゃないんですかね?
僕の勝手なイメージかな・・・


入釣距離はおよそ10メートルほどで、1キャストも出来ない釣りでしたけど
この河川で初めて産卵の一部始終を観察することが出来ました
時間にして1時間くらいのでしたけど貴重な経験。

それにしても、床を掘っていた大型。
この川に、あのサイズがいると思うと来夏に期待してしまいます。
海と寸断され、大きなダムの無い小河川でも結構大型化するものなんですね



結局1投も出来なかったので地元へ戻り魚の顔を見せてもらうことに。
ここも、とても繊細な小河川。
kesiki_convert_20090923231920.jpg


魚は小型ですが、トップへの反応が良いので
トップケースだけで釣りあがります。

跳びついてきたのは尺上の小型アメマス。
wana2_convert_20090923222628.jpg



丸呑みするくらい貪欲な彼等は、いつも期待を裏切らずに遊ばせてくれます。
iwana1_convert_20090923222602.jpg



その後出たのも、このサイズのニジマスとアメマスばかりだったけど
とても充実した釣りでした。


僕はやっぱりこういう釣りが楽しい