2010.03.27 壽堂
先日、日帰での東京出張。

空港が近いので、フライト時間含め都内へも2時間少し。
交通費は高くなりますけど、車で移動する道内の出張よりも断然早くとても楽です

急な呼び出しでも、必要とあればすぐに
何処へでも飛べるのが千歳という田舎町の数少ない利点



さて、いくら数時間の都内滞在とはいえ
せっかく来たのに何も持たずに帰るの嫌なので、大好きな和菓子を買って帰ることに。

行き先は人形町にある和菓子の老舗『 壽堂 』さん。

古く小さな建物ですけど、
入口の扉を開けると『 ス~ッ 』っとニッキの香りがします


若い人は耳にしたことが無いかもしれないですけど、
ニッキはシナモンの仲間でよく似た香りをしたもの。ほとんど同じかな…



そして、このにっきを使用した【黄金芋】がここの看板商品
kogane11_convert_20100326235132.jpg



表面ににっきの粉がまぶしてあって、形は北海道でいうワカサイモのような感じ。
kogane_convert_20100326235100.jpg
好みの問題でしょうけど、僕はワカサイモよりも断然こっちのほうが好きです



中はこんな感じ
kogane222_convert_20100326235154.jpg
『芋』と名が付いてますけど、中身は白インゲン豆で出来た上品な甘さの餡。

餡の甘さとニッキの香りが混ざるので独特の風味です。



それと、この団子も。

水戸黄門の茶屋なんかで出てきそうですよね

チャラチャラした飾りつけなんか不必要の完璧なビジュアル。



これも素朴な甘さでとても美味しいんです。



和菓子屋が多いので、お土産は日本橋界隈ですね。