渓流用の偏光グラスを追加しました。

今回のはお世話になってるスミスオプティクスの【ケミスト】
kemi1.jpg
レンズは一番明るいカラーにしてあるので、朝夕のマヅメ時には裸眼より明るく見えます。

形はシンプルなウェリントンモデルなので帽子の形や服装も選ばないですし、
それにこれくらいのレンズカラーなら普通に街中でもメガネ代わりに掛けてられますよね
kemi.jpg
ケミストは6カーブなので僕のような度入りでも違和感が無いし、
可動式のノーズパッドが付いているので、鼻が細い僕でも超快適な掛け心地。
顔の形を選ばないと思うので、これ本当にお勧めです。



それとは別に、今までのメガネを長く使ってきたので普段使いのメガネを購入。

エフェクターのディレイⅡ
efe1.jpg
野暮ったいデザインが気に入り購入したんですけど、
実家にあった古いアルバムのなかで、
祖父や伯父の一人がこんなメガネを掛けていたので、同じようなのを探してました。
古臭くて『 昭和の人!』って感じが凄く気に入ってます。

“エフェクター”で“ディレイ”て名前もいいですよね。
楽器やる人しか分からないでしょうけど、他のモデルもエフェクターの種類が名前になってます。
efe2.jpg

【ケミスト】も【ディレイⅡ】もシンプルで懐かしい形状が素敵です。