2013.05.21 まだ山方面

遅かった春のシイタケもようやく盛りに。
NEC_0202nara.jpg
いつ見てもかわいくそして美味しい。

釣りにも行ってますけど
渓流もニジマスの産卵が遅れてるようなので
遊びに行くのはまだブラウンやイワナの沢ですけど、
僕のフィールドは来月にロッドが届いてからでちょうど良いくらいかな。


どっちにしろ今時期の僕は釣りよりも山の方が忙しい。
そういう家系に生まれ育ったのでDNAがそっちへ向かわせます
NEC_0195sirakaba.jpg
これ、珍しいです。
シイタケの菌が白樺に飛び火して、
白樺の倒木からシイタケの幼菌が出てきてます。
松などはたまにありますけど白樺からは初めて見ました。
2週間もすればきっと立派な椎茸に成長してますね


これは折れた小口から無理やり発生してる椎茸。
NEC_0203kogiti.jpg
歪な形のまま無理やり成長してる様子。
菌類ってすごいですよね~


椎茸が終わったら
タラの芽・ウド・竹の子(ネマガリダケ)を採って、山菜春の陣は終了
6月中頃までは山が楽しい。

僕の山用の腰ベルト。
かなり深く怖いエリアに入り込むこともあるので超重装備(笑)
NEC_0206belt.jpg
ここまで要らないんだけど備えあればっていいますからね。
一度にまとめてケースを作らなかったので革の色合いがバラバラです・・・揃えようかな

左から、防水のカメラポーチ・鉈・熊スプレー・包丁

鉈は祖父から引き継いだ形見で僕の宝物、
切り出し用の包丁は落とすこともあるので100均で売ってるもの。
フキやウドには必須です。

竹の子に必須の前掛け。ネマガリ採る人なら必要性が解ってます。
NEC_0207maekake.jpg
前に使ってた酒屋の前掛け改造したのは破れたので
昨年、うちの家内にデニム生地で作ってもらいました。

山菜道具には、こだわり感が全くないのはなんでだろう(笑)