2015.06.30 トップの季節
友人たちとニジマスを釣りに。

友人2人はフライフィッシングなので、
僕はトップウォーターでの釣りという組み合わせ。


この組み合わせがルアー同士で釣りに行くより僕は好きです。

異種で一緒に同じフィールドを釣り歩いたほうが、
状況判断や釣り方の引き出しが増えると思いますよ。


この日は
ドライフライ vs トップウォーター
のような感じになりましたけど大差での完敗 (笑)
tera.jpg

当たり前なんですけどね
今号の“鱒の森”でも書かせてもらったように
決定的な質量による差は大きいですよね。

僕も子供の頃からテンカラ屋やエサ釣りで楽しんできてますし
こういう業界に入れていただいているので、
フライフィッシングのエキスパートの方などと話したり
釣りに行く機会も多々ありますので
ルアーと毛鉤(フライ)の違いなんかは当然わかってます。

が、わかってる上でルアーで虫の釣りをつめていきたいんですよね。
それが子供のころからの楽しみなので。

2日目。
バッタえびせんに出たコンディション抜群のニジマス
batniji.jpg
やっぱりトップウォーターは楽しいです

ミノーの60cmより、トップの30cm

ようやく北海道も夏ですね