2016.05.31 ファーラップ
けっこう前の鱒の森でちらりと載ってからお問い合わせの多かった
新作スピナーのファーラップの出荷が始まりました。

ファーラップ
見ての通り、羽虫の形状をしています。
軽量で立ち上がりの早いインラインブレードです。

虫の形をしていますが、
スピナー=虫 と僕は思っておりません。
これも、トラウティストや鱒の森、他の誌面やブログでも書いてきましたので
説明はしません。個人的な意見ですのでね。
これについてはお問い合わせされても返答致しかねます。

では何故この形状にしたかといいますと、
友人たちの間でもお酒が入って熱くなってくると
 『スピナーは虫か否か』という話になることがあります。
釣り人って酒席でもこんな話ばっかりですよね(笑)

僕は『虫じゃないよ…』とはっきりした意見があるのですが
あまりに熱くなる友人達を側から見ていて
『 じゃあ虫の形に作るよ。それならどっちでもいいでしょ?』
というのが始まりです。
こういう形状だと、気持ち的にも入り込めますよね。


実力のほうはというと、
“根こそぎくん”と友人から呼ばれるように良く釣れます。
phブラウン
フォワードスピナー同様にイトヨレは皆無ですし、
シルエットがとても小さいので一口大です。

phブラウン2

フックですが、標準搭載は細軸のバーブレス仕様ですので、
北海道では好みのシングルフックに交換したほうが良いかもしれませんね。
フックサイズは、標準搭載よりも小さくしなければOK です。

まぁ 本当によく魚を連れてきてくれます。
スピナーってすごいですよね。


千歳川ではヒットミノーも春先のロングサイズから小型に変わってきました。
balブラウン
これはバルキッドでの魚ですね。

こうなってくると、地元河川の春から夏への季節の移り変わりを感じます。
夏場は、なるべく岸と水平にシェイキングでフワフワさせながら
小型ミノーで長い距離をドリフトさせるのが釣果のコツですね。
どうじに圧倒的な蝉パターンの時期でもあります。

トップも楽しくなりますね。
balブラウン2

そろそろヤマメタックルの準備を整えようと思っています