3月25・26日の両日、
アメリカ屋漁具さんで行われたこの時期恒例の札幌フィッシングショーに
今年も参加してきました。

たくさんの来場者が来てくれてたいへん盛り上がりました。

僕はというと 鮎釣りの超名人 野嶋玉造 先生
とお話しする機会があったことが一番の盛り上がりでした。



ルアーフィッシングしか興味のない方には伝わらないかもしれませんが
魚釣りにも様々な 名人 という方がいますけどレベルが違うとおもいます。



午後から45分と短い講義があったのですが、
45分間 D3のブースに戻ることなく 一言も逃すまいと超真剣に聞いていました。
!cid_0582E885-44CF-4FDE-A687-2374E71BF270.jpg
お待たせしていたお客さんスイマセン。。。

野嶋先生は鮎釣りだけではなく、
魚釣り全体のことをとても深く考えてられて
僕達のようなルアーアングラーの、
誌面や講習での伝え方 
にも講習会前に色々と注意してくれました。

『見る奴が見れば偽者なんかはすぐ見抜ける』

その一言にはなんだかスカッとしました。


今年も初心者からのスタートする僕の鮎釣りですが
オモリのこと、イトのこと、竿のさばき方のこと など勉強できて
今すぐにでも練習したい感じです。

『寄せて、担いで、絞る。
そうすると人の体の構造に逆らわずに簡単に魚が取れる。人の身体ってのはバカだからちゃんと使ってやらなきゃいけない。』

実は帰ってきてから空き地で、空竿で動きを練習してしまいました。

今年は少しくらい上達できるといいのですが。。。。



さて、上達といえばイベントでは
隣が毎度お世話になっている つり人社 さんのブースでした。

覗くと面白そうな新刊が並んでいたので立ち読みしていました。
『買えよ』と突っ込まれそうですね...
GFTO3141.jpg

これ、エサ釣りの教本ですけど、
ぜひ中級者のルアーアングラーに読んでみてほしいです。
コンテンツ1 なんてけっこう当てはまるアングラーがいるのではないでしょうか?
僕の友人は『全部俺のことだ・・・』なんていってました(笑)

前にも言ったかもしれないですが 
いつも  同じ川。 同じルアー。同じ釣り方。ではいつまでたっても応用が利きません。
それに、SNS や仲間内での情報を元に、
情報と 同じ場所で同じ釣りをトレースする という
答え合わせだけの釣りを繰り返すことばかりでも同様のことだと思います。

それでは自力が付きません。


僕の鮎釣りはいつになったら上達出来るかわかりませんけど
近道をせずに、失敗して恥をかきながら上手になっていこうと思います。僕の鮎釣りなんて失敗ネタの宝庫ですからね(笑)
釣りは遊びなんですから失敗を笑って話せるくらいのゆとりが大切です。


今回で僕の春イベントは全て終了して
これからは取材を含め、ようやく本気で釣りと製作モードです。
なんだか楽しくなってきました。