2017.05.31 ローガン
ローガン

好きな ヒュー・ジャックマンの映画なので見に行こうと思ってます。
というよりも、ウルヴァリンというキャラクターがすきなのかもしれないです。


でも、そのローガンの話ではないです。

昨秋くらいから、
キャスト後に飛んでいくルアーを目で追うのが間に合わないことが多々あります

明らかに動体視力の低下ですよね・・・

そう、老眼 の初期症状ではないかと少々悩んでます。

ラインシステム
読み書き
テレビ
スマホ

見難さを感じることはいっさいないですし、
むしろ遠いものの方が見難いので、老眼とは関係ないと思っていました。


なので、
幼馴染のスタッフ石川さんがここ数年
キャストやノットに苦労しているのを???という感じで眺めていました。

『 福ちゃんも近々分かるよ。派手な色のルアーしか使えなくなるから (笑) 』

とはいわれていましたが、本当に見難くなるものなんですね・・・


離せば見える というのが
老眼なのかと思ってましたが、
どうやら動体視力の低下も 老眼 とか 老い ということになるみたいで・・・


なので、この春からラインは全て蛍光色なんです(笑)


もともと、キャスト下手 とは言ってましたが、
離れた場所から狙い通りに落とす遠距離での精度にはけっこう自信がありました。
そのかわりドン臭いので近距離でのキャストなんかはものすごく苦手です。

それが、、、
飛んでいくルアーを目で追うのが間に合っていない感じがしてます。

細かく言うと、
飛んでいくルアーが
キャストした瞬間はよいんですが
途中で消えて、
かなり奥で再び現れる感じだったり、

ルアーを追うと周りの枝が見えてなかったり、

で、
奥に引っ掛けるか、
ビビってしまい手前に落とすかというので
けっこう苦労してます。



慣れるしかないんでしょうね。
もしこの先、
遠近両用メガネ 系
の老眼が現れてきたらたいへんなのではないかと思っています。


でもまぁ、老眼 など
加齢を感じる年になっても、
健康に流れを切り歩ける身体でいられるのでよかったです。


頑丈に生んでくれた母親と
子供の頃から山歩きに連れ出してくれた父親に感謝してます。