2017.09.28 2017鮭釣り
オホーツクへ鮭釣りに行ってきました。

やっぱり季節のものを釣りたいですね
この時期は、鮭釣りとキノコ採りの季節です。

子供の頃からやってる釣りですので
どうしても道産子の血が騒ぎますね。


不調と聴いていたのですが、やはり魚は少ないようですね。


でも運よく群れに当たり、今年も昨年同様に8本スタートでした。
なかなか、2桁とはいかないものですねぇ


シーズン初物は銀ピカのオス鮭

SWスプーン45g のブルピンでした。餌はカツオです。

下顎の先の方に掛かってました。



このすぐ後に2本目
sake222.jpg
ルアーは同じ45g。

これは上顎に2本シッカリと刺さってました。

今年はバレが3回と多く、アワセに少々気を使いました。


北海道の風物詩。
やっぱり楽しいです。

sake.jpg
仲間に記念撮影をしてもらい、
この後は全員でラッシュになって忙しくて写真を撮ってません。

仲間4人が皆釣れて、とても楽しんできました。



鮭釣りをやらない知り合いに

『 どうして鮭釣りをやる人の写真は、皆して釣後の並べた写真ばかりなんだ?』

とか、

『 もっと良い写真撮らないの? 』

などと、言われることがありますが
そう思っている方は結構多いと思います。

理由は単純で、

鮭釣りは群れに食い気のあるうちが勝負ですので、

“ 写真なんか撮ってる場合じゃない ”

ただそれだけです。

あとは、混んでるので撮り難いというのも多いです。



環境の悪さが指摘される鮭釣りですが
各々がもう少し気を使うだけでずいぶんかわると思うんですけどね。


いっそ、鮭釣りに関しては岸でもボートでも
各漁協などが日券や年券などの遊魚券を販売し
しっかり管理監視した方がクリーンになるんじゃないでしょうかね?

投げ釣りの竿数も1人3本まで。
とか
ゴムボート・プレジャーボートの立ち入り禁止区域。
もちゃんと決める。

そしてそのお金は“ちゃんと”放流事業に宛てる。

そういう時代にしても良いのではないかと時々思います。