今シーズンは、
話題のドライレイヤーというのをずっと試していました。

吸湿速乾のアンダーウェアの下に着込むものですね。

簡単に言うと
『タイツの下に、さらに汗用タイツを履く』
という感じでしょうかね。

僕は、SKINS/スキンズ や UNDERARMOUR/アンダーアーマー
のアンダーウェアの下に着込んでます。


代表的なのは【 finetrack・ファイントラック】 と 【 MILLET ・ミレー】でしょうか。
dorai1.jpg
とくに、ファイントラックは痒いところに手が届くメーカーです。
レイヤリングについては最も進んでると思います。
派手さはないですが、堅実で素晴らしいですよね。

手袋のレイヤリングなんかは特筆ものだと思いますよ。


僕は超汗かきなので、これらを使いまわしながら
着心地に神経質な自分に合うものを探してみました。

【ファイントラック】
のものはこの2タイプ

メーカーでは釣りにもお勧めな
『アクティブスキン』

doray3.jpg

半袖のTシャツ・ボクサーパンツ・タイツと3タイプを揃え
釣りに応じて着回しました。

dray5.jpg
サラッとした生地です。
メーカーではウォータースポーツ用に推奨してますね。
なので鮎釣りにはこれを着てました。

最も出番の無かったものはボクサーパンツ。
けっきょく肌に直接タイツを履いてしまうので釣りにボクサーパンツは中途半端でした。


もうひとつが
『スキンメッシュ』
dorai2.jpg
間違えて上下バラバラで着ないように、このタイプはオリーブ色にしました。


doray4.jpg
こっちは肌触りも柔らかくとても着心地がいいです。

メーカーではオールラウンドな位置付けがされてるようですが
最初の1枚として選ぶならこれがいいんじゃないでしょうか。
アウトドアだけじゃなく普段着にも使えます。


他に、大量発汗を想定した『パワーメッシュ』という
アスリート向けの最も生地の薄いタイプがあります。

超汗かきなのでこれにしようかと思いましたが
あまりの生地の薄さに躊躇してしまいました・・・

ファイントラックは上の2タイプがとても快適だったので
来期はこれも試してみる予定です。


さて、【ミレー】です。

鎖カタビラみたいな 『ドライナミック』
dry6.jpg
ファイントラックと比べて生地は厚いです

そのかわり、網の目が大きいので肌に直接触れる部分は少ないです
dray7.jpg
結構キツイ着心地ですけど不快さはないです。

生地の厚みのおかげなのか、
汗冷えや汗戻りだけに限定して考えるとこれが最も性能がよいかも知れません。
型崩れが心配ですけど今期は持ちました。

さて、最大の問題が、裏に手を当てただけでこれだけ透ける生地
dray8.jpg

着てみるとなかなかの恥ずかしさです (笑)

良くて プリンス や ジェフ・ハーディー といった感じ
鍛えてバキバキの体系ならカッコがつきますが、僕にはなかなかのものです・・・

なので、せめての抵抗で黒色はやめました。

タイツもあるので試したいのですが、タイツはもっと恥ずかしいです。
股間だけ黒布で隠れているのでバニーガールの網タイツそのものになります。
ちょっと購入できませんでした・・・
上着の性能を考えると試してみたいですけどね。


で、この春~初秋シーズンを着通した結果では
釣り用とするならファイントラックの一択かなと思います。
スキンメッシュ と アクティブスキン
を、好みで選ぶのが良いんじゃないかと思います。

これの上に着るベースレイヤーも高性能のものを合わせた方がよいですよ。
ドライレイヤーの意味が無くなりますので。

ファイントラックはもう少し袖や股下の長い
高身長対応のサイズがあると有難いんですけどね。
僕にはタイツが短いのでロングソックスで対応してます。

ドライレイヤー、汗冷え防止に冬場はとくにお勧めです。