上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リップ素材のカットは何がお勧めですか?
と聞かれましたので最近見つけた良いものを紹介しますね。


ゴッドハンド・アルティメットカッター
IMG_8817.jpg
名前からして凄いです。
そしてそこそこ大型です。

又部分にも“究極”なんて彫られてますからね
IMG_8818.jpg

で、実際どうなんだと言うと、これは切れ味が凄いです。

説明書にもありますけど
2mm程度までのプラ板なんかをカットするには素晴らしいです。
今のところ個人的には最強だと思います。


何が良いのかというと、刃がとても薄いです。
IMG_8821.jpg
プラスチックやポリカーボネイト板を切るのには刃が薄いほどいいですからね。


で、この薄い刃の正体はカッターの刃。
IMG_8822.jpg
バラすと中からオルファの刃が出てきます。

これですね。
IMG_8823.jpg
なので、切れなくなったら即交換できて便利です。

上の薄い刃と、、下部の樹脂版とで物を挟み込んでカットする仕組みなんですが
IMG_8819.jpg
刃が薄いと断面が白濁しません。

たとえば、この2mm厚のポリカのリップ素材

普通にプラモ用のニッパーや硬物用のハサミで切ると
刃に厚みがあるので、どうしても力を加えたときに樹脂素材を押しつぶすので
つぶされた部分が白くなります。
IMG_8832.jpg
分かりにくくてスイマセンね。
こんなふうに中心部分のほとんどが白濁しますよね。

これを、アルティメットカッターで切ると

IMG_8833.jpg
ほとんど白くなりません。かなり優秀です。

ハサミ自体がゴツイのと、価格もそこそこしますので
ハンドメイド用のリップを数個作るレベルには必要ないかもしれないですけど
まとめて数十個作る際に、板を一気に直線裁ちする際には重宝します。


唯一の難点は付属の刃交換用レンチを紛失しそうなことくらいですかね。
なんでもいいんですけど、わざわざ六角セットを取り出すのも面倒なので
僕はグリップの尻に穴と溝を掘って納まるようにしてます。
IMG_8827.jpg
こんな風に穴と溝を掘っておけば

こうやって収めれます。
IMG_8828.jpg


握ったときでも邪魔にならないです。
IMG_8829.jpg
僕はよく紛失しますので、こういう工夫が必須なんですよね・・・


あとは、ここのニッパーも
狂うことが少なく切れ味が良いです。
IMG_8836.jpg
細かなバリ取や
手の逆剝けなんか切るのにも重宝してます。


宣伝してるわけじゃないですけど
僕は最近はプラ板の切断にはこれを使用してます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。