上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に釣れたマメイカ や これから釣れる初期の小型ヤリイカ。

楽しさのあまり釣り過ぎて、
冷凍庫でビンテージものになるほど長期冷凍・・・
という方、結構いると思います。

イカ刺し、煮付け、ソテー、パスタの具・・・etc

何して食べてもおいしいですけど、
小型過ぎるマメイカの我が家でのお勧めは、
イカ飯 ならぬ イカ餅 &イカトッポギ です。

イカ飯は、たしかに美味しいんですけど
●餅米の用意、
●詰め込みすぎて破裂、
●そして炊き上がるまで時間が掛かる

地味にこれが煩わしいのと、
マメイカは小さすぎて詰め込むのがたいへんです。

なのでマメイカには
トッポギ や 白玉団子 を米の代わりに詰めると美味しいです。

【作り方】

今回はトッポギが無かったので台所に余っていたこの白玉団子を使います。
ようするに何でもいいです。スティック餅でも、トックでも。

いかもち2

これをイカ筒の半分くらいの長さにカットして詰め込み、


あとは、イカがヒタヒタになるくらいの出し汁に
醤油・砂糖・みりん・酒を 1:1:1と同じ分量で入れて煮付けるだけ。

細かな分量はクックパッドか何かの
【イカ飯の作り方】あたりにも出てると思いますのでお好みで。

いかもち1

沸騰してから 2~3分煮たらすぐに火を止めてくださいね。
煮すぎると、詰めたのが餅や白玉団子なら溶けて飛び出てくるので

マメイカは身が薄いので沸騰後2~3分後に冷ませば、火が通り、味も染み込みます。
半日も放置しておけばしっかり味が付きます。

いかもち3
完成です。

“星のカービィー”

みたいでかわいいんですよ。


中身はこんな感じに。

いかもち4

一口サイズで お酒のあてにも最高です。

ご高齢の方は、イカ飯と違って
喉つまりしやすいので注意してくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。