上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.09.25 手入れ
革製品の手入れ。

『どれくらいでやったらいいですか?』 
と聞かれますが、
使われ方がどんな感じのか見えないので何ともいえないですけど、

僕は、オイルアップとかいうのは2~3年に1回程度です。
気が向いたらシーズンオフに磨く程度です。あとはほとんどしません。


もちろん、僕や友人の物は川でズブズブに塗れてます。
それでも、塗れたら風通しの良い日陰で乾かす。
これで十分かと思っています。

ルバイヤートで使用している皮革は
もともとの革素材が良いですから、やり過ぎは注意してくださいね。

最初の2~3年は要らないと思います。

あとは、頻繁に皮革製品をいじっていれば
勝手に皮脂が入るので、それほど神経質にならなくて良いと思います。

お財布のように綺麗に使用する物と違って
つり用の皮革製品はブーツなんかと同じように道具ですからね。

梅雨の季節の本州がわかりませんので何ともいえないですが


間違ったエイジングというか、革を過保護にしすぎかと思います。


このルアーワレット、友人所有の初期のもので9年前のものです。

ware3.jpg
9年間、オイルアップ無しでガシガシに使用していたそうなので、
僕が磨いてみるとこんなに照り照りに輝きました。



明るいところで写すとこんな感じです。
ware2.jpg


9年 オイルアップされてなくても
乾燥と乾拭きさえしていれば良い状態のままです。


今回は中のムートンだけ交換してほしいとの希望でした。
ware1.jpg
毛の油分が抜けてしまいゴワゴワと野生化していました・・・
ムートンの質も良いので潰れっぱなしにならずにちゃんと長持ちしてます。



このルアーワレットのムートンですが、10月から仕様を変更します。

どうやら ミノーをメインで入れる方が多いようですので
毛の密度の濃いものにして、もう少しシッカリとルアーを支えるようなものにします。


muton.jpg
以前のものは柔軟さ重視でしたけど、今度のものは “モフモフ”としていて支えるような感じになります。

楽しみにしていてくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。