FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.03.04 spoonの①
D-3は今が始動10年目です。

ブランドスタート時から活躍しているカスタムスプーンの 10gと14g。
この春にモデルチェンジを行います。

基本的にシルエットや曲がり・絞りなどのブランク形状に変化はありません。
自信がある形状なので変える必要はないかなと。

GPYU9812.jpg
変更するのは、重量設定とフィニッシュですね。

重量設定を変更する理由は、ラインの変化です。
そう。10年前の僕はナイロンラインがメインでした。

それに合わせて設定したのが、10g 14g 18g。

でも近年は、北海道の釣り人でも、
皆さん厳寒期以外は PEライン を使うようになりました。

細くて強くなったラインは、遠投性能やフォール速度に長けてます。
そう、ラインの変化で、ポイントで使用するスプーンの重量などが10年前とはずいぶんと変わりました。

今では、これに向けて作った後発のカスタムスプーンの 5g・7g。
それとベルスプーン10gが、カスタムスプーン10g・14gの釣りをカバーできています。

ようするに、僕の中では 10gと14gが中途半端な立ち居地になってしまいました。
良いスプーンですよ。自分で言うのもなんですけど。

なので、ラインが変わった近年。
このスプーンの立ち居地もかわるので重量設定を変えました。
DSC06597.jpg
12.5g と 16.5g 

12gと16g でも良かったのですが鋼材の関係で0.5gずつ重くなりました。

メッキもクロムメッキから 金と銀に変更です。

そして、せっかくのモデルチェンジなので 凹面の加工も少し凝った物にしました。
ORG_DSC06678.jpg
木の葉がモチーフです。
オールドスプーンなどはこういう事をよくやってましたよね。

ハンマード や ダイヤカットに飽きていたので
D3のスプーンは、徐々に全モデルこの加工に変えていくつもりです。



発売日なのですが、僕の始動が相変わらずドン臭いので、
現在ようやく色サンプルを製作している最中なんです・・・スイマセン
なので、発売はゴールデンウィークくらいからなのではないかと思ってます。

FUQG5932.jpg
仮マスクの製作。

アルミテープとメスで作ります。
なんだかんだ言ってもアルミを切るにはやっぱりメスが最適です。



SPOON について。

僕は古いタイプなのかルアーフィッシングの基本はスプーンだと思います。

テクニック云々の判断基準として、
同行した人が川でスプーンをちゃんと使い居こなせるかどうかで見てしまいます。
スプーンを1個預けるとその人が“ルアー操作”が上手かどうかは分かります。


どんなにキャストが上手くても操作が出来なくては引き出しは増えないですからね。

ミノーは オートマチック車
スプーンは マニュアル車

どんなに速く走れても
それが、車の性能なのか、運転手の腕なのか と同じ感覚かなと思います。


スプーン。練習しましょうね。


今年から、テーマに特化した1dayカップを開催予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。